藤森紀彦商店

〜痛快な営業日誌〜
「あした、あした」心の薬

今日の日本経済新聞スポーツコラムで、野球評論家の豊田泰光さんが書いていることにとても共感した。全文は紹介できないので要約すると、『日本人は恥という感情を成長のバネにしている面があるが、一方で強すぎる恥の感覚により、回復不可能な心の傷を負うこともある』ので、『恥に対する中和剤として「あした、あした・・・」という心の薬を常備しておくといい』というものだ。

何かとすぐに結果を求められる今のご時世、「あしたがある、また取り返せばいいじゃないか」とは大きな声で言えないが、押し潰されそうなときは豊田さんのように「あした、あした」と一人つぶやくことにしよう。そして、あした取り返すためにも今日一日をがんばろうと思う。

新聞「あした、あした」心の薬

| 藤森紀彦 | まじめな話 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
NPB新人研修 木村拓也コーチの講義内容

日本野球機構(NPB)新人研修で、ジャイアンツ木村拓也コーチが講義した内容がとても素晴らしかったので、Twitterだけじゃなくブログでも紹介したいと思います。Twitterでは特にコメントもつけずにツイートしましたが、たくさんRTされていたのでそれだけ反響があったんだなぁと捉えてます。4月から社会人になった人や、これから社会人になる人にぜひ読んでほしいです。とても平易なコトバで書かれているので心に響くと思います。

◆NPB新人研修 木村拓コーチ講義内容
  http://www.giants.jp/G/gnews/news_392604.html

人生は総合力。スタートダッシュができなくても、諦めずにやり続けることで見えてくるものが必ずあるはずです。『投げ出す前に、自分自身を知って可能性を探るのも必要ではないか』と絶えず自分に問いかけて、これからの人生を歩んでいきましょう!これは新社会人の皆さんに対するメッセージでもあり、きっと自分自身に対するメッセージでもあるんだろうな・・・。健康に感謝して、明日からまたがんばろう。

| 藤森紀彦 | まじめな話 | 01:19 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
“弱さをさらして強くなる”

以前、元ラグビー日本代表監督の平尾誠二さんが、リーダーに求められる資質の1つとして「自分の弱さを自覚し、向かい合うこと」と言っていたのを突然思い出した。弱みを隠そうとしている限りそれは弱みでしかなく、弱み自体が問題なのではない。弱さを認めて、正面から向かい合ったときに強みに変わることもある・・・と。「強みに変わる」じゃなく「強みに変わることもある」と言う辺りが、平尾さんのバランス感覚の良さを示しているような気がする。自信と不安のバランスをうまく保つのは本当に難しい。

組織に限らず、個人間でも同じことが言える。弱さを隠しているようでは、深い付き合いにはなかなか発展しないし長続きしない。もちろん、弱さをさらしても余りあるほどの人間性(人間的魅力)を身につけることが重要なのは言うまでもない。今年は弱さをさらすことを恐れずにいこう。

| 藤森紀彦 | まじめな話 | 18:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり
新年明けましておめでとうございます!今年は諸般の事情により20数年ぶりに自宅で正月を過ごしているので、早速ですが2010年のテーマを考えてみました。自分で言うのもなんですが元旦っぽいよね、こういうの(笑)
三面六臂(さんめんろっぴ)
一人で何人分もはたらくこと。
今年はもうこれしかないかなと・・・。自分ができることは可能な限りなんでも挑戦しようと思ってます。泥臭い一年になりそうだけど、前向きに楽しくやっていくつもりです。今年も一年間よろしくお願いします!押忍ッ!!
| 藤森紀彦 | まじめな話 | 13:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年のテーマ
今日は仕事始めということで、ツーカイのメンバーとランチをしながら2009年のテーマを決めてきました。年末から四文字熟語辞典と格闘し、最終的に6案まで絞った中から選びました。当初、「一意専心」を候補に入れてたけど、北島康介の昨年のテーマと一緒だったのでやめました…。そう言えば、若乃花が大関に昇進したときの口上でも使われてましたね。で、2009年のテーマは結局何になったかと言うと、「勤謹和緩」というちょっと耳慣れない四文字熟語になりました!どうやら、茶道において大切な姿勢とされているようなので、「公」だけじゃなく「私」にも当てはまる良いテーマになったんじゃないかと思います。改めまして、本年もよろしくお願いいたします。

勤謹和緩(きんきんわかん)
一生懸命つとめて慎むこと。同時に和らかでゆるやかな心を持つこと。

| 藤森紀彦 | まじめな話 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「フルスイング」
一昨日から三夜連続でNHKドラマ「フルスイング」を観た。
その中で気になった言葉が3つ。
 “才能とは逃げないこと”
 “運は自分でひらく”
 “氣力”

観ていて鳥肌が立った。癌と聞くだけで未だにゾッとする。癌が憎い。


(2008-06-25)
Amazonランキング:111位
Amazonおすすめ度:


| 藤森紀彦 | まじめな話 | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
人生とは・・・
『人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。』

今日は母親の月命日。今までもらったバースデーカードを読み返していたら、徳川家康の遺訓を引用したものを発見しました。96年11月って書いてあるから今から12年前ってことか…。ちょうど仕事のコトで色々悩んでいた時期だったけど、いま読み返してみてもぴったりの言葉だなぁと思いました。何事も「忍」の一字でいかないとね。ニンニンハットリくん
| 藤森紀彦 | まじめな話 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
私は、河口恭吾くんを支持します!
いわゆる“勝手連”というやつかもしれませんが、栃木県が県名を「とちぎ県」にするという考えに反対する河口恭吾くんの主張を120%支持します!

先日(5/30)、日本経済新聞の「私の履歴書」で、民俗学者の谷川健一氏が書いていたことがそのまま当てはまるような愚考(愚行?)なんじゃないかと思いました。事の経緯は分からないけど、イメージアップのために「とちぎ県」にするというのはナンセンスじゃないでしょうか?

地名を軽視し、安易に改変することの背景には、地名についての無知がひそんでいる〜(中略)〜地名は日本人のアイデンティティ(自己確認)に不可欠な存在である〜(中略)〜地名は単なる記号ではない。日本人の情緒を触発する媒体である。歌枕の多くは地名である。この歌枕をたどって芭蕉の「おくのほそ道」の旅はつづけられた。※一部抜粋

| 藤森紀彦 | まじめな話 | 00:25 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
『上司の顔より真理の顔を』
昨日(5/12)の日本経済新聞の「インタビュー 領空侵犯」で、哲学者の梅原猛さんが語っていた言葉が印象的でした。今から10年ほど前は、前例や慣習、常識にとらわれない発想が自分の武器だと自負してたのに、いつの間にか自分が「保守的な上司」になってないだろうか?ということを自問自答してみる......
『ビジネスマンは会社を辞める勇気を持て、異端児の心を忘れるな』
組織を混乱させるだけの自称・異端児はいらないけど、創造的な異端児は大いに結構!そして、こういう気概を持った人たちを受け止められる組織(上司?)が必要なんでしょうね。皆さんの会社は如何ですか?


そうそう!ぜんぜん関係ないけど、気付いたらブログ始めて4年が経ってました。“継続は力なり”という言葉を信じてこれからも続けていきたいと思います。今後とも一層の御愛顧を賜りますよう、よろしくお願い致しまーすイヒヒ
| 藤森紀彦 | まじめな話 | 00:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
仕事始め
今日は、朝から新年のご挨拶ってことで都内を走り回ってました。その数なんと11社!しばらく革靴履いてなかったから靴擦れになっちゃいました…。年末年始のお休みで、すっかり“柔”な体になりました。こりゃイカン!明日、筋肉痛になってたらどうしまひょたらーっ

それはそうと、今年は年始の朝礼で“2008年のテーマ”を発表したので、せっかくだからブログでも公表したいと思います。テーマとしては非常にシンプルで何の捻りもないけど、雪山(リフトの上?)で一生懸命考えたものなのでそのつもりでご覧くださいまし(笑)


  2008年テーマ
   「破顔一笑」


昨年は公私共にあまり笑えない状況が続いてたので、今年は思いっきり『顔をほころばせて、にっこり笑う』ような一年にしたいと思います。チュー年の年男、ガンバレッあっかんべー

| 藤森紀彦 | まじめな話 | 20:51 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ プロフィール
+ 最近の記事
+ 最近のコメント
+ カテゴリー
+ 過去の記事
+ リンク
+ スポンサーサイト
+ Instagram
+ サイト内検索
Google
Web全体 藤森紀彦商店
+ 店主のオススメ
+ 株式会社ツーカイ(Facebookページ)
+ RSSフィード



株式会社ツーカイ