藤森紀彦商店

〜痛快な営業日誌〜
私は、こんな人になら、金を出す!
仕事仲間に薦められて読んでみた。ツーカイは上場を目指すような会社ではないけれど、それでも読んでいて共感できるのは、多かれ少なかれ経営者には共通する“能力”のようなものがあるからだろうと思う。自分の強みはどこにあるのか?自分にとっての“武器”は何のか?そのヒントがいくつか書いてあったので、忘れずにメモしておく。(特に1つ目は一番大事!)

・未来に対して真面目な人
・粘り強く、あきらめない人
・「互恵関係」を結べる人

こうしてみると、大事なことは小さい頃に両親や学校の先生に教わったことばかり。
『失敗なくして成功なし』という言葉を胸に刻んでまた頑張ろう。
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オー・マイ・ガアッ!
集中力がなかったのか、読むのに時間をかけ過ぎてしまい何だかイマイチでした・・・。
期待値が高すぎたのかなぁ。うーん。

とは言え、『いつか一緒にラスベガスに行こう!』という約束を母としていたことを思い出し、
まだ見ぬラスベガスの妄想を膨らませるには打ってつけの作品でした。

いつか必ず行くんだ、ラスベガスに。
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!
本屋さんで見かけて思わず買ってしまいました。いや、「思わず」という表現は違うな。
たぶん心のどこかで求めていたのかも・・・。これからじっくり読み倒したいと思います。
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プロ野球「もしも」読本 もし長嶋茂雄が南海に入団していたら?
今日、本屋さんで買うか買うまいか30分ほど悩み続けた本。スポーツの世界で「〜たら」「〜れば」は絶対ダメでしょ!ってところに正面からぶつかってる潔さが気持ちいい。おとぎ話的な要素が強いのかもしれないけど、「もし松井秀喜が阪神に入団していたら?」とか「もしイチローが右打者だったら?」とか、プロ野球ファンなら誰もが妄想した「もしも」が詰まっててとても面白そうです。あー、やっぱり買えばよかったなぁ・・・。
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分サイズの老い支度 ―保険で賢く安心の選択―
倉田さんが執筆した『自分サイズの老い支度 ―保険で賢く安心の選択―』を読了。保険のこと、終活のこと、葬祭費用あんしんプランのことなどが、わかりやすく丁寧に書いてありました。「自分にとって保険ってなんだっけ?」と改めて問いかける機会を与えてくれる、そんな一冊だと思います。『医療保険は入ってはいけない』とセットで読めば完璧なんじゃないかと…。特に団塊世代の親を持つ人たちはぜひ~。あっ、あとNP少額短期保険株式会社葬祭費用あんしんプランもよろしくお願いします!

| 藤森紀彦 | オススメ本 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
霧笛荘夜話
角川グループパブリッシング
発売日:2008-04-04

切ない物語ばかりだったけど、いつものように一気読み。世間では、本屋大賞を受賞した『海賊と呼ばれた男』百田尚樹著とか、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹著が注目されてるけど、そんなの関係なく浅田次郎作品にまたもやどっぷり浸かってしまいました。今回も心に響いたことばを書き留めておこうっと

  • 『人間とことん貧乏をいたしますとね、ふと真理に気づくのですよ。世の中には千金万金を積まれたって、売ってはならないものがたくさんあるのです。』
  • 『たしかに幸せは金で買えるよ。でも、金で買えないものも、この世にはたくさんあるんだ。』
  • 『あんたも人間を馬鹿にしちゃいけないよ。馬鹿なやつほど馬鹿力を持ってるもんだ。利口なやつにはそれがない。だからちっとも怖かないんだ。』
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
君たちに明日はない
タイトルからして気が滅入るのに、よりによって主人公がリストラ請負会社の社員だなんて…(苦笑)

この本には、自分の“世界”とはそう遠くない“世界”が描かれていて、知らぬ間に引きずり込まれていく不思議なチカラがあるように思います。リストラ請負会社で仕事をしたことはないけど、似たような経験があるので、色々なことを考えながら2冊とも読破しました。

今となっては、『これを機会に、新たに外の世界にチャレンジされるのも一考かと・・・』と自分自身に問い続ける毎日。明日もまたがんばろう。
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
椿山課長の七日間
何かを学びたくて読んでるわけなじゃない(←失礼!)のに、毎回気になるコトバや文章に出会ってしまうのが僕にとっての浅田次郎作品の魅力かなぁと。今回は『人間に強弱はあっても優劣はない』と、『規則と礼儀は似たものどうしの大ちがいで、ともに守ることはあんがい難しい』という箇所がなぜか刺さりました。自分が気づいてないところで、“なにか”感じるところがあったんでしょうかねぇ。

いやー、それにしてもおもしろかった。僕もいつか“相応の事情”で現世に戻ってみたい。なーんて
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
王妃の館
久しぶりの浅田次郎作品。活字に飢えてたので、むさぼるように一気読み。何となく結末が分っちゃうのに、つい読んでしまうのは“術”にハマってる証拠なんでしょうか?同じような感覚で知財関係の本を読んでみたけど、2ページ半で目が霞んできちゃうんだよねぇ…。体が正直過ぎて、ほんと自分がイヤになるわ。

というわけで、そのぐらいオススメの本なんです。あれ?イマイチ伝わってませんか??
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おんなじおんなじ
部屋の片づけをしていると、懐かしいものがたくさん出てくる。今日は本棚で「おんなじおんなじ」を発見。小さい頃、寝る前によく読んでもらったなぁ。良い絵本って、何年経っても色あせることがないからすごい。いつか自分が親になったら・・・と、そんなことをふと思った。
| 藤森紀彦 | オススメ本 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ プロフィール
+ 最近の記事
+ 最近のコメント
+ カテゴリー
+ 過去の記事
+ リンク
+ スポンサーサイト
+ Instagram
+ サイト内検索
Google
Web全体 藤森紀彦商店
+ 店主のオススメ
+ 株式会社ツーカイ(Facebookページ)
+ RSSフィード



株式会社ツーカイ